FX1000通貨の評判クチコミのキング

1000通貨取引はギャンブルではなく立派な資産運用

FX1000通貨の評判クチコミのキング

 

資産運用のひとつとして人気が高いFX1000通貨での取引。私の周りでも実践している方は多いです。しかし真剣に取り組んでいる方は皆無に等しいといっていいです。ほとんどが、以前はパチンコやスロットを行っていたのをFXに乗り換えたみたいな感覚で行っています。いわゆるギャンブル扱いで行っています。確かにFXにおいても、ビギナーズラックは存在します。確かにFXというものは、相場の上がり下がり読むだけのハイアンドローゲームといえます。つまり、勝率は半々、パチンコやスロットと同じ感覚と思いこんでも仕方がないといえばそうです。ですから、何も知らない初心者でも初めての取引で大勝することもあります。

 

そして、初心者がビギナーズラックで最初に大勝してしまうと、FX簡単なんだと思い込んでしまうのです。こういった方は殆どが損失を出してしまうといえます。私も始めた頃は、友人に勧められるがままハイアンドローゲーム感覚で行っていました。確かに利益を挙げる事はありましたが、根拠がないままの取引でしたので長続きしません。始めてから数日で資産はマイナスとなっていました。

 

そこで思ったのが、やはりFXはギャンブルではなく、立派な投資であるという事です。それからは、FXについて一から勉強して、利益にこだわるのではなく、いかに損失を最小限に食い止める事ができるのかを検証しながら行う様にしました。又、FXを始めてから、これまで無頓着だった経済情勢についても関心を持つようになった事もメリットだと感じています。ちなみにFXに投資する資金は、毎月一定の金額を貯蓄しながらそれを取引に回すようにしています。これなら無理な取引を行う事もなく、損失を出しても諦めがつきます。

 

 

セルインメイは為替相場にもあてはまる

FX1000通貨の評判クチコミのキング

 

為替相場にも有名な格言が存在します。株式相場の格言に「セルインメイ(5月に売れ)」がありますが、実はこれがドル円相場にもあてはまることがあります。実際2013年には強い円安相場から一転して円高に転じました。それまでの円安基調に支えられた日本株式も一気に暴落し、アべノミクス失敗かと報道されました。

 

これを仕掛けたのは主にアメリカのヘッジファンドと言われています。というのも為替相場のビッグプレーヤーであるヘッジファンドは5月末から6月末にかけて中間決算を控えているところが多く、それまでの含み利益を確定して少しでも良い数字を揃えるために、この時期に合わせて仕掛けてくるパターンが多いのです。またこの流れに合わせて売りを浴びせるファンドもあり、実際には実需に対して何倍もの投機が勝り、この時期の値動きは個人投資家はついていくことが難しいとされています。

 

そしてこれに為替の動きに連動して株式相場も大きく影響を受けます。そのため株式のセルインメイが為替相場にも波及するのです。個人投資家はゴールデンウィークに入る前に一度ポジションを閉じておいて、流れが切り替わるまで静観に徹した方がよいかと思われます。ただしドルを基軸にした通貨は似たような動きが起こりますが、ユーロ円やオーストラリア円などのドルが絡まない他の通貨はこの限りではありません。またヘッジファンドの手じまいの影響幅は毎年変動があるため、早めに仕掛けが失敗に終わる可能性もあります。

 

 

果たして海外FXのMT4は言葉の壁は大丈夫か

FX1000通貨の評判クチコミのキング

 

FXという金融商品に興味を持っている方々の中には、海外の業者に着目している方も見られます。そして、海外の会社の場合は言語に関する壁が生じる事があるのです。なぜなら必ずしも日本語になっているとは限らないからです。まず取引画面からして、日本とは大きく違う点があるのですね。海外の会社の場合は、英語表記になっているケースも珍しくありません。

 

そして特にその点に関する不安を覚えがちなのは、MT4というツールになります。いわゆるフリーソフトの1つなのですが、それに使い勝手の良さを感じている方々は多く見られるのです。MT4というツールには、まず早さに関するメリットが見られます。業者が提供しているチャートに比べると、ずっと軽快に動くケースが多いのですが、海外の会社となると言語の壁に当たる事があります。それで人によっては、ちょっと抵抗感を覚えている事もあるのです。

 

実際MT4の中には、確かにデフォルトでは英語で記載されている事が少なくありません。確かにそれでは抵抗感を覚えてしまうのも自然でしょう。ですので海外の会社に関心を抱いている方々の中には、たまにハードルの高さを感じている事例も見られます。確かに英語表記になっているとなると、ちょっと難しいように見えてしまいますね。しかし実は、設定次第なのです。確かにMT4の初期状態では英語になっている事は多いですが、それも表示という箇所をクリックする事で、随時調整はできるのですね。英語から日本語に直すだけなので、特に難しい事は無いでしょう。

 

ちなみにほとんどの海外のFXの会社によるMT4は、日本語表記にする事ができます。ですので言葉の壁を感じている方々でも、特に問題無いと考えられるでしょう。ですが人によっては、その操作方法がよく分からないケースもあるかもしれません。その場合は、取りあえずは海外FXのチャットを利用してみると良いでしょう。たいていは日本人のスタッフが常駐していますので、丁寧に教えてくれます。
参考サイト:http://xn--fx-h83awd611skxhpy4dj3mc3w.net/

 

FX取扱業者を選ぶときにも、その基準というものがある。

 

この社会に生きていて、先行きが不安だと思っている方は星の数ほどいるのが実状ではないでしょうか。誰しも未来は明るいことばかりを想像することはできないものですから。ましてや、今の国の情勢などを目の当たりにしていれば、不安になるのもムリはないはず。そういう意味で、投資を始める方も多いです。少しでも将来のために、と。株や先物、不動産、今はFXというものもかなりの人気です。このFXという取引は、他のどんな投資方法よりもメリットがいっぱいなのですね。だから人気がある。

 

FX取引のことを知って、自分も始めようと考える方も多い。FXを始めるには、まず取引業者を選び出し、そこで口座を開設しないと取引はできません。でも、この取引業者の選択もけっこう難しいのです。FX取引業者選択のポイントはいくつかあるのですが、これだけは抑えたいというものが四つあります。それは、まず手数料の安い業者。もともとFXは外貨預金などと比較してみてもこの手数料は安くなっているのですが、これは各業者ごとに違いがありますから、できるかぎり安いところを選ぶのがいいでしょう。

 

次にサポートの充実度ですね。特にFX初心者にはなにもかも初めてという人が多い。ですからいざ取引を開始しても、なにがなんだかさっぱり分からないという人もいるわけです。そんなとき、充実したサポート体制があれば心強いですからね。FX取引はすべてインターネット上で行なわれます。ですから取引業者のサイトでは、どうしてもツールの使いやすさが取引成功のカギとなる。パソコンやスマートフォン上で取引を行なうのですから、このツールはものすごく重要なものとなります。

 

最後に取扱い通貨ペアの多さも重要だということをお忘れなく。考えてみればこれは当然ですね。取扱い通貨ペアが多ければ、それだけ選べる組み合わせが広がるわけですから。FX取引業者は世の中に本当にたくさん存在しています。中には悪徳といわれる業者もあるのです。だから、そういう業者に捕まらないようにすることが一番ですね。

続きを読む≫ 2015/11/20 10:40:20

株式投資の醍醐味

 

この前まで、誰にでも薦められる株式投資は、スターバックスの株主優待でした。しかし、廃止されてしまいました。それに代わるモノを探していて、やっと、見つかりました。それが、ユニカフェの株主優待です。年間に1回、800円の配当金と2000円相当の自社商品がもらえます。気になる株価は、67900円ぐらいです。

 

株主優待が目当てで保有している他の銘柄は、伊藤園の優先株・ファンケル・吉野家・マクドナルド・キリン・ドトール・三菱UFJ・ハピネット・バンダイナムコなどです。伊藤園の優先株は、株主総会での議決権がないですけど、配当金と株主優待はもらえます。私は神戸市に住んでいるので、自宅から行ける株主総会の会場は兵庫県か大阪府です。株主総会へ出席するために保有している銘柄は、住友ゴム・ダイハツ工業・伊藤忠商事です。

 

上の3銘柄は、財務体質がしっかりとしていて、流動性が高く、配当利回りも高いです。安心して、長期保有できます。他で、時価総額・業種・利益率・配当性向・自己資本の5つを基準にして、点数をつけた場合ほとんど満点なのが、NTT・KDDI・NTTドコモです。全てが、通信会社です。

 

格安スマホにパイを食われる可能性はありますが、携帯電話の業界は、まだまだ、伸びる余地が大きそうですもんね。日本で最初にiPhoneを導入したソフトバンクが外れている最大の理由は、有利子負債が大き過ぎることだと思われます。株の口座を開設する場合、金融機関の中でも、証券会社がいいのではと、個人的に思っています。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:18:23

週末や月末に株を持ち越すな

 

株式投資を行っている人はそれぞれ配当を得たい人、キャピタルゲインを得たい人でわかれるかもしれませんが、損をしないというのが一番堅実なやり方だと思います。そのためにもやってはいけないことがいくつかあると思いますが、週末や月末の持ち越しというのが特にダメな投資法です。週末付近は大きな指標やニュースが出てくることが多く、さらにMSQ算出日付近はかなり警戒して入らなければなりません。

 

だいたいがそこら辺でみんな利益確定に走るのでその前日よりもかなり大きく下がってしまうことがほとんどです。勢いのあった銘柄でも一気にハシゴを外されるのがだいたいその辺であることは私の経験上かなり高い確率で起きています。また週末に整理することの理由として次にあげられるのはアメリカ市場が夜に開くので、重要な指標が出た後にどう揺れ動くかわかりにくい、というか予測がしにくいのと仮に週末に為替が動いたらその分の影響を多分に受けてしまうということが考えられます。

 

もちろん上昇する可能性もあるのですが、持ち越すリスクの方が高いと思われるので、連休前とか区切りのあるときはポジションを外しておくと勝てやすくなります。長期的に運用してチャート的にこれ以上下がることはないというものや配当権利日が近いのであればもっていても良いかもしれませんが、それ以外は別に高く買い戻してもいいというくらいに構えておいた方がよいでしょう。利益確定をしてなんぼの世界ですから不透明な上値を追うよりは節目となるところできっちり売っておくというのが大事ですね。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:18:23

初めての資産運用は株式投資から

 

消費税が5%から8%になり、各家庭の負担も増えてきました。さらに今後消費税が10%まで引き上げられる見通しとなっています。消費税が上がるということは、現金の価値が目減りしているともいえます。具体的な例で説明します。あなたが1000円持っていたとします。税率0%の場合、1000円の商品を買うことができます。消費税が8%の場合は商品代金1000円のものは購入できません。消費税がある場合、本来1000円の価値のものを手に入れるために1080円なくてはなりません。つまり貨幣価値は80円分減ったともとらえることができます。消費が8%から10%になると、生活費が一か月10万円だとすると10万×増税分の2%で2000円が不足していくということになります。

 

この増加する2%をどこからか補わなくてはなりません。そこで株式投資をお勧めします。本来株式投資は、株を売り買いすることで利益をあげていくのですが、堅実に2%を目指す場合は、株主優待の優れた会社の株を持ち続けることをお勧めします。会社を選ぶ際のポイントは、実際に今自分が生活している中で使っているモノやサービスを株主優待で賄えるかということです。牛丼をお店で食べる人は、その牛丼屋の株を持つことで無料券を得られその分家計からの出費を抑えることができます。同じように、お米券であったり、化粧品であったりと自分の生活に必要なものを株主優待で得ることが大切です。また、優待だけでなく配当金も得ることができるので効果的といえます。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:18:23

慌てずにじっくり投資をしましょう

 

貯金をしていても張り合いがないから投資をしている人がよくいます。しかしその成績はあまりよくなく元本割れしている人も少なくありません。元本割れと言うことは貯金をしていた方がよかったということになります。しかし、単に貯金をしているだけでも目標に達することはできません。

 

貯金は投資と組み合わせることで優れた財産形成のツールとなります。ただし、投資の方法はいろいろとありどの方法にすればいいか迷ってしまいます。しかしプロではない素人が投資をするはコツがあり、無理にプロと同じことをすると大やけどを負います。

 

投資をする際は元本が必要ですが、基本的に100万円が目安だと考えた方がいいでしょう。投資スタイルは3つか4つ程度の投資商品を選び、安いタイミングを見計らって100万円単位で投資をします。300万円から400万円程度ということになるでしょう。後は、値上がりするまで10年単位で待つのです。

 

これに対し、少額からの投資手法として金積立があります。金は投資金額の1割程度が妥当と言われていますが、国の財政に若干の不安がある現在の状況では、2割程度まで上げた方がいいかもしれません。つまり、自分が毎月貯金をしている金額の2割程度を金販売会社の積み立てに充てるのです。この方法は、リスク分散という意味のほかに、簡単に換金できないことから長期的に積立を続けることができない人にとって、積み立てを継続する方法にもなります。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:17:23

個人投資家に必要とされる投資姿勢

 

投資をしたことがない人にとって、最初は不安も多いでしょうが、基本的なことがわかっていればあまり心配の必要はありません。基本は安いときに買い、高いときに売るということです。そして、自分が理解できない投資商品には手を出さないことです。

 

実は、人知れず投資で利益を出しているのは、機関投資家だけではなく長期投資を実践している個人投資家です。個人投資家でもセミプロの人がいますが、ここでいう個人投資家は俗にいう素人投資家です。時間を味方につけて、安い時期に買っておいた投資商品が値上がりすることで売却益を多額に得たのです。

 

このような投資手法を取っている人のポートフォリオに、証券会社や銀行が最近盛んに売っている仕組債等のややこしいルールの商品はありません。日経225や米国ナスダック等のインデックスファンドを安い時期に買っているのです。金などの貴金属でも同様のことが言えます。証券会社のセールスマンの言いなりになってはいけないばかりか、その反対のことをすべきなのです。

 

素人投資のコツは、安いときに買って高いときに売るだけではなく、いくつかの投資対象に分散することも必要です。最近金投資が流行っていることから、金ばかり買っている人も多いようですが、外貨を買ったり外国のインデックスファンドも買ったりすることも必要です。もっとも、多すぎると自分で訳が分からなくなるので、5つ程度が上限です。10種類を超えたら、利益が出ている順番に処分しないと管理しきれず、チャンスを逃してしまいます。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:17:23

割のいい外貨預金

 

銀行の定期預金の利率を見ると、ネットバンクの優遇金利でも0.1%単位の利率しか期待できません。外貨定期預金であっても結構低金利なので、金利を期待することは無理かなと思いがちです。しかし、FX取引をすることで利息収入を狙うことが可能です。もっとも本来のFX取引の目的からは外れるため、業者選びは一手間必要です。

 

FX取引とは、異なる通貨間の取引をすることです。例えば、現在高金利通貨と言われているオーストラリアドルを買う場合、日本円からオーストラリアドルへの取引になります。この際、金利の低い日本円を借りて金利の高いオーストラリアドルを買うことになります。日本円を借りれば金利支払が必要ですが、同時にオーストラリアドルの利息収入も得られます。FXは、最大証拠金の25倍までの取引ができますから利息収入も25倍です。もっとも実際には、そのようなリスクの高い取引はせずに証拠金の5倍程度の安全圏で取引をすることが多いようです。

 

このような利息のことをスワップポイントと言います。このような目的でFX取引を開始する際は、スワップポイントが高いと宣伝している業者を探すといいでしょう。最近は家庭の主婦の方が利息収入に注目してFX取引を始めることが多くなり、スワップポイントを重視している業者が増えています。

 

しかしこの際、入金から出金までの一連の取引にかかる手数料のチェックも必要になります。証拠金の入金に手数料はかかりませんが、出金時には振込手数料を要求されます。ネット銀行などから安く振込をしてくれる業者であればいいのですが、そのような業者ばかりではありません。割のいい利息収入が狙えますが、手数料が高いと意味がなくなります。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:17:23

FX取引の仕組み

 

FX取引を始めると証拠金を振り込んでくださいと言われます。これは取引をする際の保証金のようなもので、取引が無事終了すると返してもらえます。しかし損失が出るとこの証拠金から差し引かれますから、必ずしも全額返してもらえるとは限りません。

 

外貨預金とFX取引の違いは、外貨預金が外貨そのものが自分の預金口座に入金されるのに対し、FX取引は業者からお金を借りて外貨を買うことにあります。お金を借りるわけですから、取引終了時にはお金を返済する必要があります。現在FX取引業者では証拠金の25倍までの取引ができることになっています。

 

この証拠金は、取引をした通貨が下落した際の損失補てんに充てられます。そのため、損失が証拠金の額を超えそうになると強制的に取引を終了させられます。この場合証拠金のほとんどは没収されてしまい、最悪の場合証拠金が不足して追加の証拠金を入金する必要が生じます。

 

初心者がFX取引で失敗する理由の多くは、損切りがうまくいかずズルズルと損が膨らむことです。証拠金の25倍の取引ができるということは、逆算すると4%の相場下落で証拠金を使い尽くすことになります。1%から2%程度の相場下落があったら早めに損切りをして、次のチャンスを狙った方がいいです。

 

FX業者に口座開設の申込をすると、ログインできるパスワードがもらえて取引画面を見ることができます。しかし、一部の業者は証拠金が振り込まれていないと取引画面へのログインができないケースがあります。ログインだけでは取引ができないのですが、取引画面では各種ニュースなどが流れているため、取引をしない人にそのようなサービス提供はできないというのがその理由です。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:16:23

学区のいい不動産を買うことです

 

投資といえば、人に投資することがいいと考えています。それには、不動産と教育機関が重要ではないかと考えます。教育も子供次第というところが大きいです。そこで、都会の学校がいいといわれているところに不動産を買われることをお勧めします。学区がいいということです。すると、不動産の価格はなかなか下がることがありません。もしかしたら、あがっていくかもしれないのです。学校しだいのところが大きい要因ですが、下がることはまずありません。

 

学校がいいと、次々と入りたい人達がやってくるのです。しかも、若い子育て世代です。学校は公立なので、無料です。給食もあります。市立の小学校に入れると。一体、どのくらい費用が掛かるのでしょうか。1年間に100万円とすると、600万円です。こんなにあったら、家のローンは楽々払えるのではないでしょうか。学校は荒れていないし、先生たちにとっても人気校なので、頑張らないと転勤になるということがあって、更に、とばされないように頑張ります。学校はますますよくなるのです。私は、私立校に通わせるよりも、お得だと考えます。

 

施設も新しかったら、なおさらいいです。そこの物件も高くなってしまったら、遅い感じはしますが、高くなる前に手に入れるべきです。調査が必要です。それでも、不動産価格が下がらないのは、投資には向いているようです。教育もいいし、不動産も高いので、一石二鳥です。人気学区を探すことです。投資にもなります。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:16:23

株式投資は色々楽しいことがあります

 

株式投資を始めると、色々楽しいことが起こってきます。何がいいかというと、世の中に対する視線が変わるといいますか。企業のリサーチとかが楽しくなってきます。主婦って世間との接点がないので、寂しいですよね。でも株式投資を始めると、買い物をするときでも原材料が気になったりします。どういった企業のものが売れているのかも気になるので、スーパーの売り場を見るのも楽しいですよ。そして、売れているものを見つけると、ここに投資してみようかなって思えたりします。

 

それと、単純にインカムゲインで配当金をもらえたりします。最低単元株とかを持っているだけなら、たいした配当金にはなりませんが、チリもつもれば山となる感じです。それに株主優待も盛んなので、優待がもらえると節約になるのも嬉しいですね。食費が浮くのは嬉しいです。企業の情報も分かりますから、投資の参考になります。さらに、キャピタルゲインを得る予定がないなら、貸株サービスというのもあります。

 

これは自分の保有する株を貸し出すことで、一定の金利をもらうというものです。こちらも微々たるものですが、普通に貯金をしているよりも良い利率でお小遣いが入ってくる感じです。たいした運用をしていなくても、株に投資してみるだけで、不労所得が得られるものです。給料以外のところからお金が入ってくる感覚って不思議と嬉しいものですよ。自分が働いていない時でもお金が動いてくれるんだなぁってしみじみと思えたりします。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:16:23